đŸŒ¸å’åœ’ãŠã‚ã§ã¨ã†đŸŒ¸

こんãĢãĄã¯đŸ˜ƒã‹ãŋãĢしこおも園ですīŧ

äģŠåš´åēĻはいãŖたいおうãĒãŖãĻしぞうんだろう...īŧŸä¸åŽ‰ãĒæ°—æŒãĄã§ã‚šã‚ŋãƒŧトしたäģ¤å’Œ2åš´åēĻも掋すところわずか。
先æ—Ĩ、į„Ąäē‹ãĢ卒園åŧã‚’čŋŽãˆã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããžã—ãŸđŸŒ¸

å…Ĩ園åŊ“初はぞだ小さくあおけãĒかãŖãŸå­ãŠã‚‚ãŸãĄã‚‚ã€å’åœ’åŧã§ã¯é€žã—く、įĢ‹æ´žãĢæˆé•ˇã—ãŸå§ŋをčĻ‹ã›ãĻくれぞした。

いつもと違うįˇŠåŧĩしたéĸæŒãĄãŽå­ãŠã‚‚ãŸãĄ...
だけお、大åĨŊきãĒ先į”ŸãŸãĄãĢčĻ‹åŽˆã‚‰ã‚ŒãĒがら卒園č¨ŧ書をもらうå§ŋはãĒんだかåŦ‰ã—ãã†đŸ’—

åŊ“たり前がåŊ“たり前ではãĒいことを感じるäģŠã€äŋč­ˇč€…ぎįš†æ§˜ãŽã”協力ぎもとで十分ãĒ寞į­–をとりãĒがらぎ卒園åŧã€‚
äģŠåš´åēĻ最垌ãĢåŋƒæ¸Šãžã‚‹įŠã‚„かãĒ卒園åŧã‚’čŋŽãˆã‚‰ã‚ŒãŸã“とはæœŦåŊ“ãĢありがたいことです。
čˇå“Ąä¸€åŒã€äģŠåžŒã‚‚よりよいäŋč‚˛ã‚’į›ŽæŒ‡ã—ãĻいきたいと攚めãĻ感じるįžŦ間でした。

そらぐãŋさん、åŋƒã‹ã‚‰ã”å’åœ’ãŠã‚ã§ã¨ã†đŸŒ¸
äŋč­ˇč€…ぎįš†æ§˜ã€ã‚りがとうございぞした。